会則

本庄繁長公の会 会則

 

第1章 総則

(名称及び事務局)

第1条 本会は,本庄繁長公の会(以下「本会」という。)と称する。

(会員)

第2条 本会の会員は有志で組織し,その他の条件は問わない。

(目的)

第3条 本会の目的は,越後村上が生んだ最強の戦国武将本庄繁長公に対し、英雄として語り継がれてきた想いを結集し、波乱に満ちた時代を力強く生き抜いた偉業を称え、その生涯をたどり学習・普及活動を行い、会員相互の交流をはかることである。また、関連歴史団体との交流も積極的に行う。

(活動内容)

第4条 本会は,第3条の目的を達成するため,次の活動を行う。

(1) 会員向け勉強会・史跡めぐり

(2) 会員向け関連資料の作成・配布

(3) 歴史文化に関する一般向け普及活動

(4) 関連歴史団体との相互連絡・交流

 

第2章 役員

(役員の種類)

第5条 本会に次の役員を置く。

(1) 会長 1名

(2) 副会長1名

(3) 顧問 2名程度

(4) 事務局長1名

(5) 事務局員2~3名程度

(6) 運営委員 5名程度 

(7) 会計1名

(8) 監事 1名

 

2 前項の役員は運営委員会において選出する。

(役員の職務)

第6条 会長は,会を代表して会務を総括する。

2 副会長は,会長を補佐し、会長に事故あるときの職務を代理する。

3 顧問は,運営や歴史文化面についての助言を行い,会全体を指導する。

4 事務局長は会運営のための事務手続き一般の責任を負う。

5 事務局員は会運営のための事務手続き一般を行う。

6 会計は,会の会計事務を処理する。

7 監事は,次の職務を行う。

(1) 会の会計事務を監査すること。

(2) 会計事務について不正の事実を発見したときに総会に報告すること。

また,これを報告するため必要があると認めるときは、総会の招集を請求すること。
8 運営委員は事務局を補佐し、会全体の運営に携わる。

(役員の任期)

第7条役員の任期は1年とする。(ただし,再任を妨げない。)

(2補欠により選出された役員は,前任者の残任期間とする。)

 

第3章 運営委員会

(運営委員会の種別)

第8条 運営委員会は,第5条で定める役員(ただし,監事を除く。)をもって構成する。

2 定期運営委員会及び臨時運営委員会とする。

3 定期運営委員会は,原則として毎年1回開催する。

4 臨時運営委員会は,会長が必要と認めるとき、招集することができる。

(運営委員会の招集)

第9条 運営委員会は,会長が招集する。

2 運営委員会を招集するときは,運営委員に対し,会議の目的及びその内容並びに日時及び場所を示して開会の7日前までに通知しなければならない。

(運営委員会の審議)

第10条 運営委員会は,事務局長が議長となり,次に掲げる事項を審議し,議決する。

(1) 活動計画,活動報告に関する事項

(2) 予算,決算に関する事項

(3) 事務局役員の選任及び解任に関する事項

(4) 会則等の改正に関する事項

 

第4章 事務局役員

(事務局役員の構成)

第11条 運営委員会の中に事務局を置く。

2 事務局は,第5条で定める会長、副会長、事務局長、事務員をもって構成する。

(事務局会議の招集)

第12条 事務局会議は,必要に応じ会長が招集する。

(事務局会議の審議事項)

第13条 事務局会議は,事務局長が議長となり,次に掲げる事項を審議し,議決する。

(1) 運営委員会で審議すべき事項の素案の策定

(2) 運営委員会において議決された事項の執行に関する事項

(3) その他運営委員会の議決を要しない会務の執行に関する事項

 

第5章 会計

(経費)

第14条 会の経費は,会費をもってこれにあてる。

(会費)

第15条 通信費などの会の運営費として年会費2,000円を年度末に徴収する。

(事業年度及び会計年度)

第16条 会の事業年度及び会計年度は,毎年41日に始まり,翌年331日に終わる。

(会計監査)

第17条 会計の監査は随時これをすることができる。 

 

(会計報告)

第18条 収支計算書と財産目録を作成し,これを年1回会員に報告する。

(委任)

第19条 この会則に定めるもののほか必要な事項は,運営委員会の議決を経て,会長が別に定める。

付則

この会則は,平成2541日から施行する。

八幡神社内の繁長公木造
八幡神社内の繁長公木造
本庄家の墓(八幡神社の裏)
本庄家の墓(八幡神社の裏)
H25本庄城夏の陣
H25本庄城夏の陣